耳つぼダイエット

とみづか接骨院診療時間

当院では、予約の患者さま優先とさせて頂きます。ご予約は、電話等でお受けしております。

五十肩(四十肩)でお悩みの方へ

「肩が痛い」、「腕が上がらない」などの症状がありましたら、悪化する前に当院またはお近くの接骨院や整形外科へご相談ください。

五十肩(四十肩)の症状

「肩が痛い」、「腕が上がらない」という五十肩(四十肩)の症状は、40歳以上から現れ、特に50歳代の人に多く見られます。 肩の痛みに限って言えば、普通の人は肩こりによって起こっていると思われる人も少なくないようです。 肩こりは、首の付け根の筋肉が疲労することによって起こりますが、五十肩(四十肩)は、肩関節の周囲の炎症が原因で起こります。 また、五十肩と思われ受診された方の中には首が原因で肩に痛みを生じている場合もあります。

五十肩(四十肩)の症状に注意

  • 年齢が40歳代後半から50歳代
  • 腕の動きが制限される
  • 肩から腕にかけての痛む
  • 動かさなくても肩がうずくように痛む
  • 動かさなくても肩がうずくように痛む
これらの症状は、ある日突然くるのはまれで、じわじわとくることが多く、時には、痛みのほかに肩の腫れ、熱っぽさを伴う場合もあります。

五十肩(四十肩)の原因

肩関節は、腕の骨(上腕骨)と、肩甲骨とのつなぎ目を指しますが、肩関節の周りを複数の筋肉が取り巻くように支え、筋肉と骨とを腱(腱版)が連結し関節が安定しています。 五十肩は、老化やムリな姿勢によって肩関節の周囲組織が滑らかに動かなくなり、摩擦を生じて炎症を起こすことで、肩の痛みや運動制限が現れます。

五十肩(四十肩)の治療の考え

痛みが強い時期(急性期)
炎症が強く痛みが強い時期(急性期)は、安静にする事が必要で、痛みや炎症を鎮める治療が基本となります。
痛みが鈍くなった時期(慢性期)
炎症が弱まり痛みが鈍くなった時期(慢性期)は、痛みと運動制限が残る時期でもありますが、組織の癒着を防ぐ為に肩関節の可動域を広げる治療を行います。
痛みがほとんど無くなった時期(回復期)
炎症も治まりほとんど痛みがなくなった時期(回復期)は、肩関節の可動域を広げる治療を積極的に取り入れ治療を行ないます。