耳つぼダイエット

とみづか接骨院診療時間

当院では、予約の患者さま優先とさせて頂きます。ご予約は、電話等でお受けしております。

むち打ち症(頚椎捻挫)でお悩みの方へ

むち打ち症は、交通事故の追突などで頸部がムチのように前後にしなるために損傷されるとして呼ばれるようになり、病名としては、外傷性頸部症候群や頚椎捻挫と 呼ぶのが一般的です。

むち打ち症(頚椎捻挫)の症状

むち打ち症は、交通事故のあったその日には症状が現れず、翌日以降に首の痛みや肩の痛み、頭痛や肩こり、めまい、吐き気など様々な症状を訴えるケースがあります。

むち打ち症(頚椎捻挫)の症状に注意

  • 首(頚部)の痛みや肩の痛み
  • 首(頚部)のこわばりなどの不快感
  • 肩こりの悪化・首スジの張り
  • 頚部・肩・腕・指にピリピリとしびれの様な感覚
  • 頭痛や吐き気、めまい

むち打ち症(頚椎捻挫)の原因

ムチ打ち症は、交通事故の追突などで衝撃を受け、首の運動範囲を超えてそれ以上に伸展、屈曲されることで頸椎の靭帯、椎間板、関節包および頸部の筋肉、筋膜が損傷され起こります。 また、むち打ち症は、労働災害やスポーツ障害によって引き起こされるケースもあります。

むち打ち症(頚椎捻挫)の治療の考え

むち打ちになってしまったら、もんだりせずに、冷シップを貼ったりし、頚椎カラーなどで首を固定します。 治療としては、症状に合わせて頚のストレッチや牽引、温熱療法、低周波、干渉波などの電気療法を行い、関節の動きに制限がある場合は、関節のバランスを調整し、 むち打ち症状の緩和的治療を行ないます。