耳つぼダイエット

とみづか接骨院診療時間

当院では、予約の患者さま優先とさせて頂きます。ご予約は、電話等でお受けしております。

坐骨神経痛でお悩みの方へ

坐骨神経痛とは、坐骨神経が刺激されて起こる神経痛で病名ではなく症状です。 坐骨神経痛は太ももの後ろやふくらはぎ辺りの痛みが多く下肢の痺れや感覚が鈍ったり、歩行障害なども見られたりします。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経は、第1~3仙骨神経と第4・5腰神経からなり、梨状筋(りじょうきん)を通って大腿後面から膝の裏にかけて走行し、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経分かれて足まで伸びています。 その神経が圧迫されることで痛みや痺れを引き起こします。
坐骨神経痛は、一般的に腰椎椎間板ヘルニアが原因と言われますが、以下の様な原因によって引き起こされます。

坐骨神経痛を起す主な病名

腰椎椎間板ヘルニア
腰骨は5つの腰椎骨と1つの仙骨とからなり、それぞれの骨の間にある椎間板というクッションからできています。この椎間板の部分が裂けて出っ張って、後ろにある神経を圧迫して起こります。
梨状筋症候群
臀部から大腿部後面にかけての痛みと痺れ、特に臀部の奥がビリビリした神経的な痛みが慢性的に続きます。これは骨盤にある仙骨から股関節の外側にある梨状筋が緊張し神経を圧迫して起こります。
脊柱管狭窄症
加齢により背骨が変形したり、椎間板が膨らんだりして、腰椎内部にる神経の通路(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されて起こります。
すべり症
脊椎同士がずれた状態を指しますが、椎間板の老化による不安定となることにより神経が圧迫され起こります。

坐骨神経痛の主な治療法

坐骨神経痛は、一般的に腰椎椎間板ヘルニアが原因と言われますが、以下の様な原因によって引き起こされます。
日常生活の指導
急激に発症した腰椎椎間板ヘルニアの場合、安静が原則です。老化や脊柱管狭窄症の場合は、長時間座っていることを避けコルセットを着用する事も有用です。
薬物療法
消炎鎮痛剤の内服薬や坐薬が主に用いられ、長期間の投与が必要となるケースが多くあります。薬物療法は整形外科の受診が必要です。
理学治療
温熱治療としてホットパックや極超短波などを用い、痛みや痺れを軽減させます。
ブロック注射
硬膜外、神経根、坐骨神経などに薬剤を注射します。ブロック注射は整形外科の受診が必要です。
手術
各疾患に対して様々な手術法があり、内視鏡を用いてのヘルニア切除、レーザーによる切除などがあり整形外科等での治療が必要です。

坐骨神経痛の治療の考え

骨盤は、人が体を動かす時に重心のバランスをとる役目を果たしますが、骨盤の働きがわるいと体を動かす時にうまくバランスがとれなくなります。 このような状態が長期間続くと筋肉の過緊張が生じ、神経の流れを悪くしてしまいます。 当院では、骨格の基軸である骨盤や股関節、背柱の動きを回復させる矯正でこれらの症状に対応しています。